目次

装置メニュー




列挙
Art-Net 上ですでに認識されている装置を、再度列挙します。
(起動時も同様です)
装置の接続、取り外しなどに応じて実行する必要がある場合があります。

発見
Art-Net ノード(弊社製 EtherMX などの DMX 変換装置)で、DMX 接続されている装置を再度検出します。
装置の接続、取り外しなどに応じて実行する必要がある場合があります。
検出にはある程度時間を要します。


情報を再読み込み
Rodem は、装置からいったん得た情報を保持して再利用します。
「情報を再読み込み」すると、すでに得た情報を全て破棄し、装置から再度取得します。
(通常の使用においては不要です)

全て再読み込み
「発見」と「情報を再読み込み」を行います。
(通常の使用においては不要です)


既設定
既設定ウインドウを表示します。


UID を表示
各装置の UID(Unique ID)を表示します。
これは RDM 規格で規定されている、装置ごとに固有の識別子です。

管理番号を使用
各装置に、任意の番号を付与できます。
各装置の UID と対応付けされます。
これは RDM 規格とは無関係で、装置には保存されず、コンピューター上に保存されます。
管理番号を使用している場合は、装置は管理番号順に一覧に表示されます。
副装置(Sub Device)には設定できません)




書式は任意ですが、以下の点にご注意下さい。

UID と管理番号の対応は、ファイルから読み込み/書き出しできます。


UDP ポートを使用
これに印が付いている場合は、Art-Net 通信用の UDP ポートを使用しています。
他のアプリケーションで使用されているなど、何らかの理由で使用できない場合は、印が付きません。
原因を除いてから再度実行してみて下さい。

DoctorMX など、弊社製アプリケーション同士であれば、Art-Net 通信用の UDP ポートを同時使用できます。
(順次対応予定)